• 木管楽器の「リガチャー」や「キィ」、金管楽器の「マウスピース」や「楽器の各パーツ」などにメッキをしてみませんか?

ホルンのマウスピースを “ピンクゴールド” にしてみたり


クラリネットのリガチャーを “サテン金メッキ” にしてみたり





メッキ加工前 アレキサンダーホルンの103 メッキ加工前 「ベル 」ロータリー ・ 抜差し管 分解バフ研磨抜差し管磨き全抜き差し管 磨き 終了本体磨き本体磨き終了ベル磨き終了メッキ加工へメッキ加工後 「 本体 」メッキ加工後 「 ベル 」メッキ加工後 「 抜き差し管 」完成!!
※画像をクリックすると加工手順の詳細を見る事ができます。



メッキ加工の流れ

1.メッキをかける「場所(面積)」「色」を決めます。

  • メッキをかける部位、メッキの色の確認をお客様としていきます。
  • メッキをかけるパーツに傷がついていないかの確認をいたします。

2.新しくメッキをかける前に…

  • パーツに傷があった場合、きれいにメッキをかける為の傷を取る(磨く)作業を行います。
  • もともとのメッキを剥離致します。

3.メッキをかけます

4.メッキ加工後

  • メッキ加工の仕上がりを確認させて頂いた後、お客様に御連絡致します。

2.png

※画像をクリックすると拡大表示されます

メッキの種類            

3.png

※画像をクリックすると拡大表示されます

メッキの種類            

メッキ加工料金について
メッキをかける面積、部位、色によって各料金が異なります
●パーツに傷がついている場合、傷を取り除く(磨く)作業を行う為 メッキ加工代に作業代を加えさせて頂きます。
●お見積もりに関しましては現物を見てからの判断となりますので御了承下さい。

  • メッキ加工をお考えの方は是非お気軽に御相談下さい♪